calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

profile

links

categories

archives

recent comment

ライブおでかけ 2013

1.21 NO WORDS@グローブ座                             4.24 GRAPEVINE@タワー新宿                           5.9 GRAPEVINE@AX                               5.12 GRAPEVINE@窓枠                              6.2 GRAPEVINE@横浜BLITZ                            6.7 NICO@市川                              6.28 GRAPEVINE@Zepp東京                            7.10,11 NICO@NHK                                8.31 食べ夜祭り@武道館                             9.26 GRAPEVINE@渋公

search this site.

others

mobile

qrcode

sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  c.0  t.0

また始まるために(GRAPEVINE)

GRAPEVINE with 長田進(from Dr.Strange Love)

ふー汗NICO書いたら、書けるか心配になってきたバイン側3.14記録あせあせ
私の中の不動の1位はやっぱり変わらずバインだったんだけど、
なんていうか、バインはもう長年のお付き合いになる身内みたいな感じで、
NICOはふっと現れた、カワイイ子なのに
たまに大人の魅力で惑わす困った子たちだ(笑)
だから私彼らにはかなりあまい、と思う。





私実はバインとはほぼ同世代、メンバーでいうとドラム亀ちゃんと同じ歳になります。
なぜか急にカミングアウト(笑)
(結構いってるでしょ、ビックリしないでね。<って誰に言ってるのかな)

だからファンの間ではわりと分けて考えられてる、
初期の幸せじゃなかった時代も、
中期〜現在の幸せになった?時代も知っていて、
変わっていく田中くんの世界感も、発せられる曲から感じてきた(つもり)。

これは田中くんが語っていたんだけれど
もう自分の出番は終わったかな、と思ったら(中略)
ボーン!って始まっちゃったんですよ、っていう。

最近のライブはこれが本当に表れてるなと思うと同時に
それを私が感じられた時点で彼をすごく尊敬してしまったんだよね。
若かりし頃あんなに儚くそしてこわれそうで、
だけど手を差しのべたら
きっとそれを振りはらってしまうような感じさえももっていた彼が
こんなにも大人になった(とかいっていいのかな私ごときがひやひや

彼みたいに(はなれないとしても)
私もこれから先をどっかで受け入れられるくらいには
ならないといけないなぁって、なんとなく思った。

田中くん、みっちゃんを、NICOを、自分(達)の後継者に選んだのかな、
なんとなく、そんなふうに感じるな。
全然違うかもしれないけど(笑)

な〜んでこんなこと書いたかっていうと
今回このライブでなんと10代の方と出会いました。
なんかその事実に感動してしまって。
田中くん!すごいよ、
あなたが発信する世界がこんなところにまで届いてるよ、って
思ったらただただ感動でしたポロリ
すげーな、GRAPEVINE、おっさんも捨てたもんじゃないっすよーイヒヒ
あ゛〜長くなったポッ


さてバインのステージは、
長田さんが冒頭で「今一緒にアルバム創ってて、イイ感じなんっすよ」
っていうとなんかものすごく説得力あるなぁって。
そう思ったら新作がものすごく楽しみになった!

長田さんの歌はApple Tree Song♪が好き
そういえば東京で西川アニキを呼び込んだとき
「西川はオレのバンドでも一緒にやってたことあるんだよ、
 知ってるかな、知らないよなぁ」とかって言ってたのが
か、カワイイじゃないか、長田さんって瞬間があったポッ

東京ではそんなに見受けられなかったけど、
名古屋では恍惚の表情で歌う田中くんの横で
演奏しながらもものすごいするどい目つきで見てて、
おーこうやってお仕事一緒にしてるのかなぁって思ったら
バイン、長田さんと出会えてよかったのかも、って
少し思ったりもしたんだ。

前回のツアーではラストに歌われたGlare♪から始まるっていうのが
最初はすごいなーって。
この曲で何回泣きそうになったからわからないのに
今回はもっと泣いた曲があったけども。。


新曲1を聴いて一瞬だけど思ったのが
ん?NICOっぽい?そんなわけないんだけど、
ココにも田中くんのいう「始まった」が少なからず
表れてる気がした曲でした。
力強くて好きな感じの曲です。

久しぶりに歌ってくれたSabbath♪
これ曲は全然わかるのに曲名が最後まで思い出せくて
帰宅した名古屋のライブ。
最近曲名が記憶から消えていくんだよな、老化か??困惑

アナザーワールド♪は名古屋では上むいていられないほど
下向いてボロボロ泣きました。
理由はよくわかんないんだけど、
あの時期バインにとっても、
そして私自身の身の上でもいろんなことがあったときだったので、
今でも進んで聴こうとは思えない曲。
でもやっぱりライブで歌ってくれるとすごいなー
伝わりすぎます、号泣泣き顔でしたから。

中盤長田さんを「監督ー!」と迎えいれてからの編成はすごいです。
かつてトリプルギターサウンドって生で聴いたことあっただろうか。
エウレテリア♪は去年のツアーでもものすごい迫力を放っていたのに
もうそれ以上にすごくて深かった。なんか深海なイメージ(音が)
色でいうと深緑。

VIRUS♪も久しぶりに歌ってくれたから
曲知ってるのにタイトル思い出せず。。
だから私セトリが覚えられないんだなぁと実感。

Sing♪〜KINGDOM♪
FLY♪〜CORE♪
っていうこのアップダウンなセットがすごすぎて起きた<コラっ(笑)
そう、Singで実は気持ちよくて気づいたら寝たのです。
でもFLYでは飛びました鳥
CORE♪のあんなに力強いベースラインを演れる金やんが本当にいつも
すごいと思う。
手どうにかなっちゃわないんだろうかと。
と同時にアコースティックで聴いたCORE♪(@下北251)が忘れられないです。

BDSって考えてみたらこれも結構前の曲なんだよね。
当時は大好きでこれが聴けるライブが大好きで大好きで。
南西部になりましたね

アンコのストーンズカバー、名古屋ではたしか
西川アニキが自分のソロ部分を忘れそうになり、
「あっ!オレかっ」って口もとがわかるくらいに言っていたのが可愛かったな。


アンコラスト エブリマン♪
コレはたしか初共演だった3年前の1曲目だったんだよね?
私は知らないのだけれど
たしかみっちゃんが1曲目に歌えちゃうのが色気だと話していたような。。

開けてみたらすごい濃いセットになっていた今回のライブ。
レコ発の長いツアーではないし
遠征も考えていたかったけど、でも観ておいてよかったな。


私今でも、どうしてバイン好きなのかってきかれたら
たぶん答えられないと思う。
わかんない、なんとなく、感覚でとしか。
なんていったらいいかわからないけど
たぶんあのディープな時間にあきることなく、
固唾をのんで聴いていられるそれだけでいいよねチョキ





スポンサーサイト

-  c.0  t.0

コメント
コメントする